思わぬ所に伏兵がっ(ŎдŎ;)

自分自身がまだ若かった頃は改めてそんな事を考えた事もなかったが。
私もまがりなりにも母になり、おまけに娘がいる身になると考えることが多くなった。


娘の彼氏、もしくは婿婿について。


まぁ花子はまだ中学生だし、おまけに《非リア充》だと自分でも言っているのでさしあたっての問題ではないのだが。


現在世間を騒がせている【スーパー銭湯でおば様方に大人気の某グループの中の1人が過去のDVが露呈して《引退します》となった】あれ。


私を中の絶対に譲れない基準は
《女子供に手を上げる男》

《酒の飲み方が汚い男》
だけはダメだということだ。

最近はひょろっこい男性が増えているので、手を上げられてもやり返せるような気もしないでもないが。
問題はそこではない。
例え女の方がやり返せたとしても、だ。

女子供に手を上げるような男はそもそも男じゃねぇと思っているし、綺麗にお酒を飲めない男は本当にみっともない。
綺麗に飲めないのなら、最初から飲むなと思う。


先日、旦那の友人の娘さんが旦那(うちの旦那じゃなくてその娘さんの)に手を挙げられ、顔を腫らして帰ってきたらしいと聞いた。

その話を旦那から聞いた瞬間に、私は
《あ、あかんな。またやるで、そいつ》
と言い放った。
旦那もその意見に同意する。

けれども不思議と旦那のところに戻ってしまうんだよね、その状況でも。
共依存になってしまうのだろうか。

幸いなことにかどうかは分からないが、私は今まで男性に手を挙げられたことは1度もない。
それが当たり前だと思っていたが、実は男に手を挙げられた経験を持つ女性は私の周りには意外と多い。

そんな話を聞く度にムカムカする。
勿論男に対して。

何様のつもりだ、馬鹿野郎が(ʘ言ʘ╬)


なので、今は非リア充ではあるが将来リア充になるかもしれない花子には

《ええか。どんなに相手を好きであったとしても、一回でも手を挙げられたら即別れるんやで。ほんで手を挙げられたらすぐにパパかママに言うんやで》

と言い聞かせてある。
花子は

《分かった。…けど、パパに言ったら大事になるやん》

と言うので

《なったらええねん。花子に手を挙げたことを身を持って死ぬほど後悔させたるわっ( º言º)》

と言ったら花子が

《え……(¯∇¯٥)色んな意味で怖すぎるやろ》

とちょっと怯えていた。


そんな私なので今回のその引退については1ミリの感情も動かなかったし(そもそも何がいいのか分かんなかったし。でももしファンの方がおられたらごめんなさいね)引退会見で涙を流す姿を見て心底鼻白む思いだった。

アンタが暴言や暴力で人を支配しているかのような錯覚になっていた事が全ての原因じゃないか。貴様は何様だ。


それを身から出た錆っていうんだよ( º言º)


念願の紅白にも出てさぁこれからというこのタイミングでの露呈。
いかに女から恨まれていたのかを物語るな。当たり前である。



けれど。

よくよく考えると我が家にも居たぞ、女に手を挙げる男。
その男は力の限り私の腕やら身体を掴み、皮膚を抉り、流血させているじゃないか!
思わぬ所に伏兵がっ( *ω* )

でもね、その伏兵。
手を挙げる時もあるけれど、落ち着いていて笑ったら本当に可愛いし、時にはベストタイミングで《ママ!可愛いねぇ♡よしよしっ!丶(・ω・`) 》もしてくれるし、何と言っても離れ難い。
荒れるけど、でもいいところもいっぱいあるのだ。






……もしやこれが共依存っ(ŎдŎ;)



人のことをとやかく言ってる場合じゃなかった。
全くもって灯台もと暗しである。





















Commented by m-kumatta at 2019-01-12 18:58
うちの妻さんも、そういう経験があったそうです。
あ、もちろん私じゃないですよ。
私と出会うはるか前、高校生の頃にそういうことがあったとかつて話してくれました。
妻さん曰く、そういう男は暴力と優しさ(そんなの本当は優しさでも何でもないのですが)を巧みに使い分け、離れたくても離れられない状態にしていくのだそうです。
結局最後は友人たちの力を借りて、その男と無理やり距離を置くようにして別れたとのことでしたが。

もし万が一、花子ちゃんにそういう事態が起こったら、そのときは周りの人間の本気度が試されるのだと思います。
そういう状態になってしまったら、もう自己責任という範疇で片付けられることではなく、周囲の人たちが無理やりにでも引き離すことが必要だと、私もそう考えています。
Commented by ganbaru-okan at 2019-01-13 16:22
> m-kumattaさん
そうですよね。
本当に花子の身に起こったらと考えると、怒りに震えます(空想なのに:笑)

暴言や暴力で相手を支配しようとする男は許しがたいです。
本当に本当にそれだけは駄目です。
by ganbaru-okan | 2019-01-12 11:10 | 思春期との闘い | Comments(2)