夢はマーメイド

さて花子は今日、学校で5教科のテストがある。
それは当然前々から分かっていた。

昨日の事だ。
昨日花子は塾の日だったのだが、今日は寒いから送ってやり、とおばあちゃんと旦那が口を揃えて言うので私が送る羽目になった。

その車内で、花子が

《明日のテスト、ヤバいわ。勉強したい》

と言う。

《塾でやってきたらええやん》

と言う私の言葉に

《塾で出来るかどうかわからんもん》 

と花子が言った。

その言葉で花子が本当は塾を休みたいんだろうなとわかったのだが。

私はちょっとカチンときた。
思わず言う。


冬休みあったやろ(ㅍ_ㅍ)
テストの事も、前々から分かってたやろ(ㅍ_ㅍ)
今更何言うとんねん(ㅍ_ㅍ)



花子は黙った。
そして塾から帰宅した後、慌てて理科の勉強を始める。

私は敢えてその横で太郎のノートを書いた。
無言の圧力だ。


冬休みに入る前から私は今日のテストの事を花子に言っていた。
花子も《分かってる》と返事をしていた。
私はそれを重ねて言っていたのにこのざまだ。

バカ野郎が(ㅍ_ㅍ)


おまけに夕食の時に太郎が荒れ始め、一騒動もあったし。
今朝は今朝で、また太郎が荒れて私の手の甲を抉られた。

更におまけに夕方一通の封筒が我が家のポストに投函されていた。
花子の中学のPTAの委員選出の為にお集まり下さい、だとさ(ㆆ_ㆆ)
2年間逃れたのに、最後の最後にもしかしたらPTAをせねばならないのか( *ω* )
もうほんとガックリだ。


あぁ、昨日は幸せだったのになぁ…。
いっそのこと私を海に置いてきて貰えば良かった。
そして私はマーメイドとして生きるのだ。
それがいい。
もうそうしようかと思う。
私を見かけた人からマーメイドと呼ばれるかどうかは別として。












Commented by m-kumatta at 2019-01-12 18:32
まあ、中学生くらいの頃はどいつもこいつも押しなべて、ばか野郎、ですからね(^^ゞ(^^ゞ

最後のくだり。
ごめんなさい<(_ _)>
なぜだか、泳げたいやきくんの歌を思いだしてしまいました(ー_ー)!!
毎日、毎日僕らは鉄板の……っていうやつです。
マーメイドだって、言っているのに、ほんとすいません(^-^;(^-^;

でもね、真面目な話。
あの歌のアニメで、海で思い切り自由を味わったたいやきくんは、最後には再び鉄板の上に戻ります。それでは果たしてたいやきくんの幸せは本当はどこにあったのだろう? 今思えばあれは深い歌だったんだなあ、とそんなことを考えた次第です(^-^;
Commented by ganbaru-okan at 2019-01-13 16:25
> m-kumattaさん
いや、マーメイドですからねっ!たい焼き君じゃないですからねっ!


きっとたい焼き君はね、毎日毎日鉄板で焼かれてるのが幸せだったんですよ(笑)
日常のことって離れてみなきゃわかんない、という意味で。
いや、推測ですけどね(笑)
by ganbaru-okan | 2019-01-10 11:05 | 色々思う事 | Comments(2)