トニー谷

♪ちゃんちゃんちゃっちゃっちゃんちゃんちゃちゃっちゃっ♪

あなたのお名前なんてぇのっ♪

ちゃんちゃんちゃっちゃっちゃんちゃんちゃんちゃちゃっちゃっ♪



…突然だが、皆様は何だか子供に甘えたくなる時はおありになるだろうか。

私は、ある。
頻繁にではないが、何だか子供達とベタベタしたい時がある。
そこは旦那ではない。
あくまでも子供に、である。

そんな気分の時は先ず花子に
《花子ちゃん、花子ちゃあんっ♡》
と言いながら寝転んでいる花子の腹部の辺りを私の頭でぐりぐりしてみる。
された花子は
《なに?》
と非常に迷惑そうだが、それでも一応聞いてはくれる。
邪険にすると後が怖いからか。

《なぁなぁママさぁ、花子ちゃんと今日はあんまり喋ってないから寂しいわー》
と言うと
《…お…おぅ…そうか…(¯∇¯٥)
でもな、気持ち悪いで、ママ》
と言いながらあんまり相手にしてくれない。

いいもーん。
実は私にはもう1人子供がいるんだもーん。


で、落ち着いてテレビを見ている太郎の側に行き
《太郎くん、太郎くぅん♡》
と言うと
《なにぃ?》
と聞いてくる太郎。
《ママさぁ、ちょっと太郎と遊びたいわぁ》
と言ってみる。
するとさすが長男は
《こっちおいで》
と優しいじゃないの(*˙˘˙)♡

いそいそと太郎の隣に寝転び、ベタベタベタベタしてやると、もう大喜びだ。
キャー(๑˃́ꇴ˂̀๑)と雄叫びを上げたりもしている。


……最初の内だけは。


その内に飽きるとぐいっと私の顔を押しながら《あっち行って》と言われる。


……いいもーん。
奥の手があるもーん。


そこでいきなりリズムに乗りながら踊りまで組み込んで《♪あなたのおなまえなんてぇの♪》と始めるのだ。
但し、神経痛が痛むので激しい踊りは出来ないことが甚だ残念だ。


メロディー好き&調子のりな太郎は大喜び(๑˃́ꇴ˂̀๑)
花子は苦笑を通り越して冷笑。


だが悲しいかな、メロディーをその部分しか知らないのでそこだけがエンドレスになる。
そしてそれは私自身が飽きるまで繰り広げられるのだ。
最後の方は太郎ですら《うるさい!》と言いやがる。

だが母ちゃんは負けないぜっ!(*•̀ㅂ•́)و


私がベタベタしたい時に、したいだけベタベタさせてくれた小さな頃が懐かしい。
でもまだ少しだけにせよ相手にしてくれるだけましなのかと思ったりもするが。





因みに今これを書きながらあれは一体何のメロディーなんだろう、とGoogleに聞いてみた。
それにしても今時は本当に凄い。あっという間に答えてくれる。



正解は、トニー谷の《あんたのおなまえなんてェの》らしい。
あなたの、じゃないのだな。

…それにしてもトニー谷って名前を聞いたことはあるものの、一体誰っ(´×ω×`)








Commented by mashiro507 at 2018-12-28 17:17
トニー谷!!
誰!!ゞ(≧ε≦*) 爆笑

でも不思議とそのセリフとリズムは知ってる、なぜだー(笑)

子供に甘えたくなる時があるのね〜(*´艸`)
ちょっとうちの息子が私にしてくるのんと似てる…かも(〃゚艸゚)プッ
ね、ね!!
甘えたい時ってどんな時ー?😚
参考までに…(笑)

そしてちょっと次郎にトニー谷の伝授をお願いしておきたいわ(๑ ิټ ิ)
Commented by ganbaru-okan at 2018-12-28 18:51
> mashiro507さん
だろ?(笑)何故か知ってるよね、あのリズムとセリフ(笑)
何故なのか全く分からないけどねぇ(笑)

子供に甘えたくなるのは、きっと私が疲れてる時だと思うんだ。精神的に。
何だか無性に子供の体温を感じたくなるんだよ。
きっと私が一番安心出来る瞬間なんだと思う。

次郎君もきっと心の奥底ではそうなんじゃない?
太郎も花子もやっぱり未だに甘えてくるよ。
生意気なことを言っても、そこは大人も子供も変わんないのかなとか思ったりもするんだ。

だから次郎君がましろさんに甘えてくる気持ち、ちょっとは分かる気がするよ。

んで、トニー谷の伝授ね(笑)
任せときなっ(*•̀ㅂ•́)و
皆で歌って踊ろうぜっ!(笑)
Commented by m-kumatta at 2018-12-30 09:43
そっかあ。
親だって子供に甘えたくなるときがあるんですね。
新たな発見でした(^O^)
でも、そういう表現って実は大事ですよね。
親が子供に甘えることで、子供にも甘えたければ、そうしていいんだよって、メッセージにもなりますからね(*^^*)
Commented by ganbaru-okan at 2018-12-30 21:59
> m-kumattaさん
それっ!それなんですっ!そういうメッセージなんですっ!

…ということは全くなく(笑)

何かね、自然のままでいいか、と思うんですよね。
子供に対しても、たまには自分の弱さを見せてもいいのかなって。

基本的に私がそういう人間だからなのかもしれません。
私という母をもつ二人は何を思いながら私を見ているんでしょうね。



by ganbaru-okan | 2018-12-27 21:30 | 色々思う事 | Comments(4)