通院だったよ

太郎の通院は体力と共に気力も必要になる。
勿論私の。

だが彼は何故か通院が好きなのでまぁまぁテンションも上がるし、嫌がられて泣かれるよりもその辺は有り難いとは思う。

昨日は久しぶりの通院だった。
太郎はもう朝から楽しみで仕方ないようだ。
一体通院の何がそんなに楽しみなのかがいつもで経っても私にはさっぱり分からない。
楽しみなくせに歯医者では診察台に上がると貝のように口を閉じるし。
小児神経でも喉を診てもらう時に、歯を食いしばる。
けれども彼は通院が好きなのだ。
あ、でも採血は我慢しているようだけど。
色々と、おいおい(@_@)である。

さて、その先日の通院時。
診察が終わり会計を待つ間、優しそうな受付のお兄さん・お姉さんをロックオンした太郎はちょっと離れたところから何だかんだとずっと喋りかける。
太郎だけならばいいが、当然ロビーには沢山の人がおられた。
そのロビーに太郎のデカイ声が響き、周りの方々に申し訳ない気持ちになった私は太郎の車イスをくるりと受付に背を向ける方向に回した。

次の瞬間、太郎が荒れかけた。
大声で叫ばれる前に気分を変えようと車イスを押して歩き始めた時に、太郎が

《ちゃう!お姉ちゃん!》

と言う。
その声は聞こえてはいたが、気に止めずに私はそのまま車イスを押した。

すると更に太郎が言う。

《お姉ちゃん!》

2回目のお姉ちゃんが引っ掛かり、私は太郎に聞いた。

《お姉ちゃん?さっきのお姉ちゃんのところがいいの?》

すると太郎は

《うん。お姉ちゃん…》

と答えた。

なんのことはない。
太郎はさっきまでのあのポジションが良かったのに私が勝手に方向転換をしたから怒り始めたのだった。


太郎には見通しを持たせ何事も丁寧に説明しましょう、という基本をさっぱり忘れていた(と言うか、面倒くさがった)私のせいだ。

再びお姉ちゃんの見える位置に座ると、太郎はご機嫌で再びお姉ちゃんをロックオンして話しを始めた。
話しと言っても太郎が一方的に話していただけなのだが。

そんな太郎を見ながら思う。

《さっきの場面で【違う!このままがいいの!】と言えたら太郎はもっと楽になれるのに。荒れなくても気持ちを伝えていけるようになるのに。今のこの子に必要な力は、やはりそこだな》

逆に言えば、やはり【違う!】とか【聞いて!】とかを上手く言えないから太郎の場合は荒れという表現になってしまうのだ。

なるほどやはりそうなのか、と今更ながら痛感した。

彼がそんな表現を獲得出来るのはいつなのだろう。
そこを太郎に丁寧に伝えていかなければ。
そして彼の言葉や世界がもっと言葉が広がってくれる日を信じなければ。


それにしても診察室でドクターと話をしている時には口数少なく、しかしながら綺麗な看護師さんが入ってきた瞬間に目を輝かせ話しかける太郎よ。

あれだけ病院に行く車の中で

【せんせーに、こんにちはって言っていい?】

と盛り上がっていたくせに、肝心な場面で先生に【こんにちは】を何故言わぬ。

【明日はぁ、デイですっ!】

という情報は先生も望んではおられないだろう。
そのくせ帰りの車で

【せんせーとお話したよー!(๑˃́ꇴ˂̀๑)】

と盛り上がっているのは何故なのか。


何だか色々な気付きと疑問と疲れの残る通院だった。
┐(´д`)┌ヤレヤレ














[PR]
Commented by mashiro507 at 2018-11-14 17:29
うんうん、あるねぇ。
基本をめんどくさがる事←そこかい(笑)

自分の気持ちを短い言葉でもいいから伝えられるようになる力。
これは心底、つけてあげたい力だよね。
私達の間違いない共通認識(笑)
あるかないかで、本人も周りもどんなに違うことか…。
荒れには、子供たちなりに理由がある。
…痛いけど( ᵒ̴̶̷̥́௰ ᵒ̴̶̷̣̥̀ )

家の中だと家族しかいないから、思うようにこちらも行動出来るけど、外にいると他人が気になる時があるから、つい息子にしてはいけない行動が出ちゃう時あるよね💧
太郎くんの気持ちを聞いて、また同じポジションに戻ったokanさんはやっぱり素敵ママだと思ったよ(*´꒳`*)

間違いなく、太郎くんはもっともっと意思表示ができるようになると私は思ってる👍
Commented by ganbaru-okan at 2018-11-15 11:13
> mashiro507さん
素敵ママじゃあないけど(¯∇¯٥)

でも私達の共通認識、本当にそこを目指して日々頑張ってるんだよね。血と汗と涙の物語でさ( ´•̥ω•̥` )

ましろさんに言ってもらえたら、本当にいつか太郎はもっと意思表示出来るようになる気がしてきた←単純(笑)

いつもありがとう。
Commented by m-kumatta at 2018-11-21 21:58
思いをうまく言葉にできないって、私には想像ができないような苦しみなんだろうと思いました。
確かに、言葉を封じられたなら、私たちはあとは身体でそれを表現するしかないわけで。
それはいったいどんな世界なのだろう?太郎君は私たちが思っている以上に、心に負担を感じながら毎日を過ごしているのかもしれないと、そんな風に思いました。
Commented by ganbaru-okan at 2018-11-22 10:52
> m-kumattaさん
そうなんです。
言葉でうまく伝えれないって、物凄くストレスだと思うんです。

だからこそ、彼にはもっと言葉を獲得して欲しいと切望しています。
私が側に居れば彼の気持ちや言いたいことを理解してやれますが、親と離れた時にやっぱり自分で伝えようとすることを諦めない子になって貰いたい。

太郎だけじゃなくて、言葉で伝えられない子供達が 抱えるしんどさが理解される世の中であってほしいなと親として本当に願っています。
by ganbaru-okan | 2018-11-14 15:10 | 思春期との闘い | Comments(4)