ありがとう

『頼むから、ママは1人で過ごす時間を作ってほしい』
と主人が言う。

毎朝太郎がバスに乗った後
『このまま珈琲の一杯でも飲んでおいで』
とこの頃、毎朝私に言ってくれる。

でも現在無職の私としては、主人が働いている間に1人で優雅に珈琲を飲みに行くことにどこかで後ろめたさもあり
『ではお言葉に甘えて』
とはいかない。

先週末太郎をショートステイにお願いして、地方に移住した友人のところに花子と二人で行ってきた。
そこに私の大切な仲間が集結し日常では経験出来ないことを沢山させて貰った。

滞在中、太郎のことはほとんど考えなかった。
最近また少し調子を崩しかけている母のことも、考えなかった。

その土地の土や空気や夜空をただただ無心に感じた。

今の私に足りないものはここに全て揃っているような気持ちになる。

そして改めて自分は疲れているんだなと痛感したのだ。

逃れられない現実の前で自分のパワー不足を痛感してしまうと、何かを始めようとすることが難しくなる。
物事を深く考えることすら出来なくなっていく。

でも、このままじゃいけない。
何とかして自分を立て直さないと。


昨夜また主人が言った。

『明日、予定がないんやったら珈琲飲みに行っておいで』

『こないだ(友人のところに)行かせて貰ったで』

と答えると

『1人じゃなかったやろ?ママが1人で、やで。』

そう言われて、不思議と素直に

『うん。そうしようかな』

と答えた。


久しぶりに本を読みながらゆっくりと珈琲を飲んだ。
他のテーブルの人の話し声が心地よかった。

最高に贅沢な時間。

ありがとう、パパ。
本当に美味しい珈琲でした。










Commented by mashiro507 at 2018-05-24 13:08
okanさん、こんにちはー!!

旦那さんの気持ち、分かるなぁ。
okanさんに倒れられたら本当に困る!っていうくらいの危機感と心配があるんやと思う。
それほどに限界の淵を歩いてるように見えるんやね、きっと。

他人の普通がうちらには贅沢に感じて、落ち着かない気持ち、すごく分かる。

私も息子が朝から学校に行って、1人時間が出来るとソワソワすんの(笑)
そんな贅沢、どう過ごしたらいいか分かんなくて🤣

旦那様に感謝だね(*´д`*)♥
Commented by ganbaru-okan at 2018-05-24 15:09
> mashiro507さん
こんにちは~!

そう、何か落ち着かないよね(笑)
貧乏性だなぁって自分でも思うよ(¯∇¯٥)

限界の淵を歩いているように見えてるんかなぁ…。
なるべく家で疲れた顔はしないようにしてる筈やけど、私もまだまだ修行が足りないね。

ましろさんがご近所さんなら贅沢なその時間を共有するのに(笑)

もっと自分中心でいいのかもしれないな、と珈琲飲みながら思ってました。
by ganbaru-okan | 2018-05-24 11:00 | 色々思う事 | Comments(2)