1.5ミリくらい(¯∇¯٥)

太郎がお世話になっている放課後デイの職員さんとお話する機会があった。

日々送迎でお会いしているが、何せ慌ただしいのでゆっくりとはいかない。
なのでここぞとばかりに話をした。

その話の中で

《太郎君ね、最近お友達がたくさんできました》

と言われた。

太郎は元々大人が好きだったので職員さんを中心に名前を呼んでいたのだが、最近はお友達の名前を積極的に呼び、そして自ら

《遊ぼう!》

と誘うらしい。


太郎が?( ⊙_⊙)

遊ぼうって?( ⊙_⊙)


《…え…具体的に何をして遊んでるんですか?》

と聞くと太郎が座っているテーブルにお友達がオモチャを持ってきて(例えば積み木とか)お友達が積む→太郎も積もうと頑張るがなかなか難しい→太郎が壊す、とか。
お友達が積む→太郎がせっせと箱に仕舞う、とか。

それは遊んでるんですか?(¯∇¯٥)と思わなくもなかったが、そう思うのは私の心が汚れているからだ。

今の太郎にしてみたら
《友達と一緒に何かをすること》
に最大の意味がある。
お友達と一緒に遊びたいなと思い始めたのだろうか。

お友達を見て
《遊ぼう》
って誘えることに、ちょっと驚いた。


太郎の中で、今までとは違う社会性が育ってきている。
母には見せない太郎の外の顔。


本当に貴重な情報を頂けた。
太郎をちょっと見直した。


…1.5ミリくらいな( ¯−¯ )

















[PR]
by ganbaru-okan | 2018-05-22 23:00 | 思春期との闘い | Comments(0)