太郎の背中

休日の昼下がり、太郎は眠くなってくると『寝るわ!ママ、ネンネしよー‼』と言う。
中3でネンネはどうなんだ、とも思うが彼の意思はこちらに通じるからいいのよ。多分。

普段は眠くなると勝手に寝てしまうくせに、昼寝の時は私かおばあちゃんを呼ぶ。そしてくっついて寝たがるのだ。
髭も生え頭からオヤジ臭のする息子とくっついて寝るのも如何なものかとは思うが、そうすることで束の間、彼が安心出来るのならばそれもまたいいんだよ。ほんとに多分な。

この間、その状況の時に私は彼の背中側に寝転び後ろから抱き締める格好で彼が寝るのを待っていた。
太郎は時折振り返り『ママ!』と私がそこに居るのを確認しながら寝てしまった。
久しぶりにじっくり彼の背中を見ていた。
ガッチリした肩幅、いつの間にか分厚くなっていた胸板。
太郎は生まれた時、主人の両手に乗るほど小さかった。触ると壊れてしまうんじゃないかと思うくらい、小さかった。
そう思うと、本当に大きくなったなぁ……。


最近、ちょっとした知り合いのところに生まれたお子さんに、重い障害が見つかったと人伝に聞いた。
その事に関して周りの人達は物知顔で色々な意見を語っていた。
『腹をくくって育てていかなければ仕方がない』
『どんな子でも我が子やし』
『まぁしばらくはしんどいやろうけど、数年経ったらお母さんも大丈夫やろ』

確かにその通りだよ。
けれど、語っていた人達のお子さん方は健康で発達にも躓きはないのだ。
誤解があるといけないので説明するが、我が子に障害がなければ語ってはいけない、と言う事ではない。
ただやはり当事者でないとわからない心の痛みや葛藤は、ある。
そんなに簡単に割り切れ、そんなに簡単に受け入れられるものでもない。いくら腹をくくろうが、そこにある心の痛みはそんなにすぐには消えないのだ。
その立場にならないと、本当のその苦しさは分からない。

私は、そんな時周りは敢えて多くを語らない方が格好いいのになぁ……と思いながら聞いていた。
皆、ある程度は心配なのだろう。
でも心配のあまりに第三者が色々と自分の意見を述べることが本当の優しさではない、と私は思う。
それは只の私の価値観だけど。

15年前、小さく生まれた太郎が今ではこんなに大きくなった。
その15年は私にとって、本当に濃い年月だった。
そして太郎は、彼なりに成長出来た。
15年先、太郎は30歳だ。
その時、私は太郎に何を思っているだろう。

そしてその時、そのお子さんは15歳になっている。
そのお子さんのお母さんがしみじみと15年を振り返っておられるかもしれない。

どうぞ、皆に幸あれ。















[PR]
Commented by mashiro507 at 2017-04-23 16:55
こんにちは!

うんうん、言いたい事すごく分かります。

うまく文章に表現出来ないけど、私もそう思う。

オブラートに包むのが下手なので単刀直入に言っちゃうと、『経験してないのに、勝手な事何言ってんの?』って気持ちすら沸きます…毒吐いてすいません💦

誤解があるといけないんで言わせてもらうと、『語っちゃいけない』というわけではないんですけどね←真似た(笑)

うちの息子も未だに大きな図体して、ベタベタしてくるし、一緒の布団に入ってきて寝る時もあります😅

母親視点で甘えてきてるのと思春期の男女視点で近づいてきるのと両方を感じるので、私はいつも複雑で嫌な時もあるんですが…何かに不安な時ほど来るのかなぁと考えたりもしています。
Commented by ganbaru-okan at 2017-04-23 19:07
母親の側は、やっぱり安心するんだと思うんですよ。図体はオッサンになっていたとしても、思春期で荒れまくっていたとしても(笑)その瞬間、精神的に包み込まれたいのかなぁ……と思います。

性的な成長も伴う時期だから、本当に複雑なんでしょうね。
いや、こっちも複雑ですが(笑)

でもねぇ。最近思うんです。
いつまでこの子とこうやって引っ付いて寝れるだろうって。

そう思ったらこの時間を大事にしないとなぁ……と思ったり思わなかったりの毎日です(笑)
Commented by ganbaru-okan at 2017-04-23 19:12
あと、本当に誰が何を言うのも自由だし、別にいいんですよね。
だけど『障害児の母はこうあるべき』的な話をされるとイラッとします(笑)
そこがまだまだ私の修行不足なところだなぁと( ̄▽ ̄;)

でも言葉はいらないですよね。
母はこうあるべき的な話をする前に、お母さんに対しての気遣いの言葉が少しある方が素敵だと思うけど、それも価値観なんだもんねぇ……( ̄▽ ̄;)
by ganbaru-okan | 2017-04-22 19:50 | 息子・太郎のこと | Comments(3)